情報発信ビジネスとメルマガアフィリエイトの違いとは?収入源を無限に広げるために必要なこと
三浦孝偉三浦孝偉

「今の時代、発信すれば誰だって人生を変えることができる。」

一瞬ですべてを失った僕が年商1億円を稼いだ「情報発信ビジネス」「メルマガアフィリエイト」の具体的な方法をお話しています。

人生を変えるメールマガジンを読むにはこちらをクリック

情報発信ビジネスとメルマガアフィリエイトの違いとは?収入源を無限に広げるために必要なことなぜ、メルマガアフィリエイターで長続きできる人が少ないのでしょうか?

1100万円の成果を出しても消えていく。。そして、また忘れた頃に配信しても、昔ほどの成果が出なくなり、、本当にいなくなる。

色んな理由が挙げられますが、僕はそれこそ、その本質こそ、メルマガアフィリエイトビジネスと、情報発信ビジネスの違いだと思っております。

今回は、情報発信ビジネスとメルマガアフィリエイトの違いから、収入源を無限に広げるために必要なことをお話ししていきます。 

情報発信ビジネスとメルマガフィリエイトの違いとは?

情報発信ビジネスとメルマガフィリエイトの違いを「認識」している情報発信者は、僕が思うに、この業界、両手・両足の指で十分足りる。あと、すべては一発屋。

ちょっと前にも同じようなテーマで話をしているので、覚えている方も多いかと思いますが、今日はさらに深く。

メルマガアフィリエイターに求められる資質・スキルは、「ノウハウ」です。

ここで、大半のメルマガアフィリエイターの変遷を見てみましょう。

■ せどりで50万円の実績

■ その「ノウハウ」を発信

■ 自分で成果を出した教材や、オリジナルCONTENTSを販売

■ その販売がうまく行ったら、そのメルマガノウハウCONTENTSを販売

■ 終了

です。

「えっ!? うっそーー」と、思われるかも知れませんが、普通のメルマガアフィリエイターはこれで終わります。後は、自分の似たような、せどりノウハウ教材が出るのをひたすら待つ。

・・・そんな都合よく行かないから、売るものが無くなる。です。

後はひたすら新規のお客様に同じコースを辿ってもらうのみ(マジで、昔の自分を見ている、、、Youtube関連の教材をひたすら待っていた…orz…)。そして、手が無くなると、Position Talkゼンカイで競合から奪う。

これは、単純に自分のノウハウをベースに、メルマガアフィリエイトのみを行っているからです。

メルマガというMEDIAが汚れていくのみです。

ここで、気合がある人は、せどり以外のYoutubeや他の転売でも実践をして、先ほどのコースに戻る。

・・・だけど、本当に少ない。。

一度、メルマガアフィリエイトで実績を上げると、言い方悪いですが、あの辛い地獄の生活、、毎日リサーチして、出品して、梱包して、、そういう作業に戻れなくなる人が多いんです。

分かります。

人は一度少しでも、AよりBに味を締めるとAに戻れない。それは言い方を変えると、「ステージが上がっている」とも言える。

部下が出来ると、それまでコピーやFAX・買出しするのが当たり前だと思っていたのが、マジでだるくなる…

せどりで50万円実績を出せる人と、メルマガアフィリで50万円の実績が出せる人は、「π」が全然違います。

どちらのビジネスが上か下か、、そういう問題じゃなくて、これは市場規模から来る話です。

じゃあ、その難しいB=メルマガアフィリエイターとして長く実績を出し続けるには?

メルマガアフィリエイトを、ただのノウハウセールスとだけに留めず、【 情報発信ビジネス 】を行うという意識、そして、メルマガ=MEDIAという概念を持つことが必要とされるんです。

僕もやはり、最初は上記のコースに乗っかてました。

Youtubeアドセンスで36万円の実績を出せたノウハウを中心に、、だけど、、、「なんか、ノウハウだけじゃつまらなくね?」という気持ちと、「毎日、そんなノウハウ生まれねえっつうの!!」みたいな。

自然とその時から、メルマガアフィリエイターと情報発信ビジネスは、なんか同じそうで違うな~と思った。それを感覚でやっていたのが、すんげえ分かりました。言語化出来なかったから、色々苦労した。

まずご説明させて頂くと、「情報発信ビジネス=MEDIAビジネス」と捉えていいということをお伝えしておきます。

読み進めていったら、なんとなくボンヤリとですが、分かってくると思いますので、お付き合いください。 

情報発信ビジネス=MEDIAビジネスで収入源を無限に広げるには?

情報発信ビジネス=MEDIAビジネスで成功するために必要なことは大きく二つ。

まず、意識しなきゃいけないこと。大前提。
(これに行き着くまでに時間がかかったな・・・)

それは、読者様の本質=本音を知ること。
表現は悪いですが、敵を知らずしてビジネスに成功は無いです。

もう一つは、メインのキャッシュポイント(収入源)である、メルマガをMEDIAとして捉えられるか否か?です。

大半の人間は後者の意識が低すぎる。ただのキャッシュポイント(収入源)=メルマガとしか捉えられない。

そこから導き出される答えとして、情報発信、、皆様がメルマガ以外でも構いません、FacebookYoutube・ブログ、、すべて共通して、刺さるテーマ、お客様に響くテーマは、3つしかありません。たった、3つです。

逆に言うとこの3つ以外のテーマを発信すると、皆さんが感じている「こいつ、すべってるなー」になります。

さすがに、セミナーに高いお金を出して来て頂く皆様に申し訳ない。でも、余りにもこれじゃ気持ち悪いので、もう少し違った切り口から。

情報発信ビジネスは、何もインターネットの世界だけではありません。インターネットが出てくる前から、普通に行われていたビジネスでした。

自分の思いやパフォーマンスをMEDIAを通じて発信しビジネスに繋げる。普通に行われている王道ビジネスです。

情報発信ビジネスに置いて、なくてはならないのがMEDIAです。
逆に言うと、MEDIAがあれば情報発信ビジネスは生まれる。

インターネットが台頭するまでの代表するMEDIAといえば、4マスMEDIA

TV・新聞・雑誌・ラジオ

そして、次に同じくらい影響が大きいのが「書籍」。

つまり、こう言ったある意味出演するのにハードルが高いMEDIAしかなかった。そこに出演しない限り、情報発信ビジネスなんて無理だった。

ミスチルが、アルバム発売前に出たくもないMステーションで、タモリと微妙な会話を続け、宣伝。

福山雅治が本当は音楽1本で行きたかったが厳しかったので、当時は大嫌いだった俳優活動で宣伝。

ビーチバレーボール協会は、ビーチバレーを盛り上げるべく、浅尾美和をマスコットにして、テレビに大量出演させる。

ラグビー協会は、ラグビー人気の低迷をなんとかすべく、あのスラムダンクの井上雄彦先生に漫画以来をするも、断られる…

地方のラジオパーソナリティーが何気に可愛い~と評判に。それを元に、地域活性化施策。

などなど、MEDIAを使ったビジネスは無限に広がります。

そんなハードルが高かったビジネスが、今は誰もが簡単にできる時代。

誰もがテレビ局=Youtubeチャネルを持てる、ブログやFacebookも簡単に、その意識があれば、ただ情報教材をアフィリエイトする以外にも、幾らでも無限の可能性を秘めている。

もっと言うと、キャッシュポイント(収入源)は無限に広がる。

この内容で分かる人もいらっしゃるとは思いますが、そんな話を当日は深くしようかな~と思います。多分、こんな話を出来るのは僕くらいだと思うので。。。

別に僕が凄い訳じゃなくて、過去にやっていた仕事と今の仕事が凄くシンクロしているだけです。

その13年間勤めていた会社での仕事だからこそ、体に身に染み付き過ぎていて、感覚でやっていた。だから今回は出来るだけ丁寧に「言語化」しようと思います。

 

【ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします。】

メルマガ・アフィリエイトランキング

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ

にほんブログ村

↓豪華5大プレゼント付き、人生を変えるメールマガジンを読むにはこちらをクリック!
KOI公式メールマガジン